バカラ 勝ち方を望まぬ事情

バカラ 勝ち方があったら、つまらなくなるから無くて全然構いません。

それが無いからこそプレイする価値が有るゲームだと思う、BJのように枚数を数えれば、ある程度は稼げるという攻略法なんざ、むしろ不必要さ。

自分がやりたいのはギャンブルであり、確実な利益を求めてるわけじゃありません。だから、単なる作業になっちゃう、バカラ 勝ち方は不要。

もちろん、稼げるに越した事はありませんが、大きく張った時のカードを絞って願った数字が出た時の興奮というのは、何にも代えがたい。

その瞬間の為だけに、プレイする価値が有るというものさ。単純すぎじゃ、儲けだけが目的となり下がり、スリルを味わう体験は出来なくなっちゃいそう。

自分にはバカラ 勝ち方等、要らないと考える。だけど、簡単に楽して稼げるのであれば、他にも楽しいゲームがあるわけだから、効率良いバカラ 勝ち方なら少しは知りたいかね。

そう都合よくいくはずはありません。やっぱヒリつくチャレンジこそ、醍醐味さ。

センター南 美容院、行くべし。「男性で?」YES、変かい?「私ねぇー、男性は皆、床屋じゃんと思っとる」

偏見よ偏見。今やタクシー運転手や牛丼屋、女性おる時代。むさき親父一人、サロンを訪れよーが、そー話題にもなりゃせんわ。

「センター南 美容院?若者中心さ、あんた今年で幾つ?」ほうじゃのー、儂も近々定年。恐らく、五十代半ば?

「突然儂など、キャラ付けされちゃ調子狂う。まだ若いよ」有難う。「センター南 美容院はレア」ぐぬ、やっぱ皆ピチピチ?「表現が古臭!」昔はモボとして...。

「へ?」すまん、分からぬよ。何処も見渡せどハイカラ故、困った。「死語禁止!」死語?お立ち台等?「さっぱり、二十代も理解可能な日本語で話せ!」

センター南 美容院、やっぱ行きたい。「固執する理由、理解出来ません」えっと、ナウでヤング、皆そこへ一度は訪れ、散髪と聞いた。

「理由それ?」変?「親父、ちーたぁ状況を冷静に見直せば?」20年前に戻れれば、行動範囲広がるのに。

マルジャン退会を決意は苦労

ふぅ、残念だがもう無理。「何が?神妙な面持ち、顔つきで...もしや、会社クビ?リストラとか?嗚呼、まだ家のローンが二十年以上も...」

NO!そう悲観的な事ばかり考えるわけ。「えっ違う?じゃあ...」実はさ、マルジャンを辞めると決めた。

「は、訳分からん」ほら、よくパソコン前でやっとるゲーム。麻雀だよ。ネットで可能...。「くっだらねぇ、マルジャンを辞める?深刻過ぎ。

もうちょっと真面目に悩みを話してよ」真面目な悩み、充分真剣!くそ、やはり女じゃ男のロマン分からぬ!話すだけ無駄、無意味であったわ。

「その言い方ムカつく。確かに全然理解は出来ないけど、自分悪くねーもん。マルジャン?すっげぇ馬鹿馬鹿しいわ」くっ...我慢ならぬ。妻でなければ、殴り倒してたところ。

「乱暴な...麻雀如きで。マルジャン退会したのは自分じゃん」まー、言い方が悪かった。心を傷つけるぜ。

「女々しいことを言わんで、さっさとやれば手続き。ほら」む...急かすんじゃありません。これで未練は...。大丈夫?